ネオロマンチカ (夏の日本海周遊いいとこどり北海道・韓国)8日目・博多入港

2017年7月21日(金)

目が覚めると、携帯のアンテナが立っているので、もうすぐ着岸だと分かります。

ネオロマンチカ

「移動するホテル」で過ごす8日間は、あっという間に過ぎ、持参した本は開かないまま。
今回のコスタ・ネオロマンチカのコースは108,800円から。
早期割引を利用すると30~35%割引です。
全食事付きで、イベントやエンターテイメントも楽しんで、1泊あたり1万円から。
「いつかはクルーズに」ではなく「いつでもクルーズに」と身近な旅になりました。

[トラベルネット ちゃちゃ]

ネオロマンチカ (夏の日本海周遊いいとこどり北海道・韓国)7日目・釜山入港

2017年7月20日(木)

釜山入港

釜山港が近づき、タグボートがやって来ました。

クルーズターミナルから国際市場までは、無料のシャトルバスが運行しています。
バス停から海に向かって下って行くとチャガルチ市場です。

イカ刺し

カニ

カニご飯

チャガルチ市場でカニ とカニご飯
6人で黙々と・・・。
カニを食べる時、どうして無口になるんでしょうね。

[トラベルネット ちゃちゃ]

ネオロマンチカ (夏の日本海周遊いいとこどり北海道・韓国) 6日目・終日航海

2017年7月19日(水)

お天気も良く、波も穏やかです。
終日航海の日にはデッキで、オフィサー主催の賑やかなパーティー。

オフィサーのカクテルサービス

オフィサーのカクテルサービス

デッキでカクテルを

海老タワー

パエリア

イタリアの陽気でカジュアルな雰囲気がこの船の魅力です。
その良さが一番出るのは、太陽の下でのデッキパーティかもしれません。

[トラベルネット ちゃちゃ]

ネオロマンチカ (夏の日本海周遊いいとこどり北海道・韓国) 5日目・函館観光

2017年7月18日(火)

港からシャトルバスで函館駅へ。

函館朝市

函館朝市

函館朝市は駅から近くて便利ですね。
最高気温24℃で過ごしやすいので、電車と徒歩で観光しました。

五稜郭

五稜郭

箱館奉行所

箱館奉行所

[トラベルネット ちゃちゃ]

ネオロマンチカ (夏の日本海周遊いいとこどり北海道・韓国) 4日目・新潟観光

2017年7月17日(月)

朱鷺メッセ

朱鷺メッセから新潟市内を一望。ここの展望台はなんと無料でした。太っ腹!

信濃川

佐渡汽船が方向転換中。

ウォーターシャトルでふるさと村へ。

新潟物産館みたいなところですね。

ふるさと村

新潟の味自慢が勢揃い!

[トラベルネット ちゃちゃ]

ネオロマンチカ (夏の日本海周遊いいとこどり北海道・韓国) 4日目・新潟入港

2017年7月17日(月)

新潟港で下船すると、テレビの取材が。

「クルーズはいかがでしたか?」

「船内の様子は?」

「新潟では何が楽しみですか?」

ネオロマンチカ取材

「素敵な時間を過ごせています。」とか「日本海の海の幸が楽しみです。」とか答えながら、頭の中では「しまった!ちゃんとメイクして下船すれば良かった!」と考えていました (◞‸◟)

[トラベルネット ちゃちゃ]

ネオロマンチカ (夏の日本海周遊いいとこどり北海道・韓国) 3日目・船内では…

2017年7月16日(日)

船内では数々のエンターテイメントが。
船内新聞で、時間と会場の確認をしながら楽しみます。

テノール歌手

テノール歌手のMr.アルベルトの声は素晴らしくて、すっかりファンになってしまいました。

エンターテイメント

Mr.ダニーロのピアノと甘い歌声も素敵で、毎晩ワインバー通い。

セクシーでカッコいいラテンダンサーのショーは、飽きる事なく見つめてしまいます。

[トラベルネット ちゃちゃ]

ネオロマンチカ (夏の日本海周遊いいとこどり北海道・韓国) 3日目・金沢入港

2017年7月16日(日)

金沢港で下船すると、加賀友禅美人の皆さんが笑顔でお出迎え。
皆さん、とても素敵な笑顔。

加賀友禅美人

シャトルバスで金沢駅へ。

デジタル水時計

金沢駅のデジタル水時計が面白くて、白川郷へ向かう高速バスの出発時間までしばし観察。

白川郷

Continue reading